みえ婚社長ブログ三重県を日本一結婚できる県にする!

大切に思われたい女性と大切にしているつもりの男性。パート2お金の使い方編。

皆さん、こんばんは。みえ婚の早川です。

今日は、前回のブログの続きになりますが、4部構成のパート2になります。

これは実際にみえ婚の会員様が経験された苦い実話を基に書きたいと思います。

恋愛は経験値で前に進みます。

この会員様の経験を知っていただくだけでも、あなたの経験値となるはずです。

ぜひしっかりと読んでいただきたいと思います。

今日の話題は「お金の使い方」です。

プロローグ

前回のブログでも書きましたが、今回のモデルにさせていただく会員様は、最近、長期の交際をしていたお相手からお断りを受けてしまったという苦い経験をされました。

もちろん、お互いにお互いを結婚相手として意識してきた中で起こったちょっとした考え方の違いが、結婚においては致命傷となることがあるんです。

しかも、男性と女性の考え方の違いなどは、本当に些細なことから傷口が広がることが多いのです。

そんな残念な経験をして欲しくないので、今回の失敗は次の経験値へと変換してもらいたいという意味合いで参考にしていただきたいです。

前回も書きましたが、これは一般的な女性に多い考え方であって、すべての女性に当てはまることではありません。

しかし、これを実践していれば、どの女性に対しても最悪な事態は回避できるはずです。

あなたが絶対に何とかしたい彼女に対しては、できたら私の書くブログの内容を理解して行動してもらいたいと思います。

デートの支払いは男性がすべきか?

誤解のないように言っておきます。彼はお金の支払を渋るようなタイプではありません。

普段は気持ちよく支払いをする、そんな男性です。

その日は、デートの中でランチを一緒にすることになって、楽しい時間を過ごしたようです。

そして、食べ終わって、支払いの時に事件は起こりました。

彼女が、いつも彼が支払ってくれているので「ここは私が払うよ」って言ってくれたようです。

そこまでは良かったのですが・・・。

彼はその時、「あぁ、そう。じゃあお願いします」とあっさり言ってしまったそうです。これが原因です。

これまでの支払いはほとんど彼がしていたし、男性からみたらそれで何が行けないのか?と思う人もいると思います。

でも、事実、これが原因で二人の交際は終了してしまったのです。

どうすれば良かったのか?

では、どうすれば良かったのか?

それは、彼女が払うと言ってくれたとしても、それでも自分が払うと言うことです。

厳密にいうと、実は少し違ったりしますが、自分が払うんだというスタンスは最低限必要だったですね。

仮に彼女に押し切られて、その場の支払いを彼女がしてくれたとしても、自分が払うんだという気持ちが伝わっていれば全く問題のない話なのです。

そうは言ってもね・・・、交際中の男性の立場も考えて欲しいという声が沢山聞こえてくるようですが・・・。

交際中に彼女の分の費用をすべて負担することが重荷に感じる方もいるかもしれませんね。

そのような考え方の人にもう一度言いますが、女性の中には割り勘の方がスッキリしていていいと考える女性もいます。

もし自分ばかり負担するのは納得がいかないっていう方は、そうやって割り勘でもいいよって言ってくれる人を探せば良いのですが、まぁなかなかいないというか、、、少ない!

大半の女性はそうではないのです。ですから、もしいつも良いところまで行っているのに、いつも彼女から振られる人は、お金の払い方を見直していただきたいです。

なぜそんなことになるのかというと、嫌らしい言い方になってしまうかもしれませんが、お金の支払いで愛情を計っている女性がめちゃくちゃ多いからなんです。

お金を支払ってもらっていることで、大切にされているんだと感じるのです。それが女性です!

男性はそれを理解しないといけません。

そして、そうやって男性を振った後に、彼女たちはみんな口を揃えて同じことを言います。「別におごって欲しいとは思っていない!」ってね。

仮に女性の収入の方が多かったとしても、男性は頑張って支払いをしていただきたいと思います。

それが結婚相手から大切に思われているんだという尺度になっているのです。

では、今回のケースのように「私が払う」って言われたらどうしたら良いのか?

それは、いろいろやり方がありますが、「いや、今回は僕が払うよ。また次お願いね」というのです。

そして、もちろん、次も払うのですよ!

一番スマートな方法は、彼女がお手洗いに立った時に先に会計を済ませておくのです。

これができれば、彼女たちはあなたをもっともっと信頼し、好きになってくれると思います。

まとめ

結婚相談所を運営していると、しょっちゅう女性のお断り理由で、この男性の支払いに対する不満が上がってきます。

まず男性に言いたいのは、彼女と結婚したいなら、デート費用を頑張って全額払ってください!ということです。

では、いつまでそれを続ければ良いんだという質問をよく耳にするのですが、それは結婚が決まるまでです。

結婚が決まれば女性も馬鹿ではありませんから、こえから生計を一にするのにいつまでも男性だけに負担を強いるようなことはしないと思います。

これからの二人の生活を見越して、お金の使い方の話が出てくると思うんです。

その時に二人が納得できる負担の方法にすれば良いのです。

デートの負担を重荷と感じるんではなく、気持ちよく払ってください!それが必ずあなたの最高の投資となって返ってくるはずです。

早川茂樹

★☆★☆★カウンセラー募集!★☆★☆★
独身者の幸せのお手伝いしてみませんか?
・人のお話し聴くのが大好きな方
・時間に縛られず仕事をしたい方
・土日祝日でもお仕事が可能な方
・業界経験は全く必要ありません
お気軽に早川までご連絡ください!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

非会員様用のLINEです。(*会員様は別アカウントがございます)
婚活の情報をいろいろ発信しています!友達登録してね♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加

コロナ対策は万全!当社で行う無料カウンセリングはこちら↓↓↓
https://miekon.jp/reservation/

コロナでも安心!オンライン面談のご予約もお気軽に↓↓↓
https://miekon.jp/online-reservation/

次回の四日市無料結婚相談会は12月26日(日)10時〜16時です↓↓↓
https://miekon.jp/eventinfo/

そして、第3回桑名無料結婚相談会は12月25日(土)13時30分〜19時です↓↓↓
https://miekon.jp/eventinfo/

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚紹介・結婚相談へ

2021年12月2日更新|カテゴリー:失敗から学ぶ

早川茂樹
早川茂樹
instagtam

昭和46年1月27日生
平成7年12月結婚
平成20年6月レッドエッグ株式会社創業
平成22年2月結婚相談レッドエッグ開業
平成30年1月日本結婚相談業組合副理事長就任
平成30年2月屋号を「みえ婚」に改称
平成31年4月川越町議会議員初当選

カテゴリー

ブログ最新投稿

店舗案内


四日市富田本店
レッドエッグ株式会社
〒510-8014
三重県四日市市富田三丁目
22-87 1F
*JR富田駅東口から徒歩1分
TEL 059-325-7701
FAX 059-325-7702
営業時間/10:00~20:00
定休日/火・水曜日

婚活の一歩はお気軽に60分無料相談

どんな場所でどんな人がどんなお相手候補を紹介できるのか、納得の60分
プライバシー確保と無理なセールスはしないことをお約束します

資料請求 無料カウンセリング予約 オンライン面談予約