サービス比較compare

婚活には4つのタイプが存在します
あなたの活動タイプはどのタイプ?

タイプ別の特長

パーティー型

婚活パーティーに参加して出会うパーティー型

婚活イベントにエントリーして出会いを求める活動です。気軽に参加できて必ず出会えるので人気の高い活動です。婚活初心者の入り口として利用者も多い。

代表的な婚活パーティー

エクシオ、シャンクレール、レインボーファクトリーなど

婚活アプリ型

アプリに登録して出会う婚活アプリ型

アプリに登録した情報でデータマッチング。気軽に登録ができて低予算で活動ができるので登録者数も多い。

代表的な婚活アプリ

ペアーズ、Omiai、match.、withなど

システムからの紹介で出会う

システムからの紹介で出会うデータマッチング型

自分のプロフィールと青い手に求める希望条件をシステムに登録し、その条件に合ったお相手がシステムを介して紹介されます。すべてがシステムを通じた活動です。大手が行っているので知名度も高い。

代表的なデータマッチング

楽天オーネット、ツヴァイ、ノッツェなど

みえ婚は・・・
カウンセラーと二人三脚の仲人型

システムと仲人の融合であらゆる角度からお相手探しを行います。
いつもカウンセラーが一緒に活動しますので安心ですし、
自分では難しい「気付き」を得ていただくことが可能となります。
また全国を対象にするのではなく、地元の出会いにこだわって活動しているのも特長です。

では、各サービスの内容を比較します。
婚活はまず始めることに意味があります。ですから、結論、どのサービスからでも最初の一歩を出すことが重要なんです。始めてみれば見えてくることがあります。そのサービスが自分に合っていなければ、他の差サービスをご検討いただければいいのです。

種類 メリット デメリット
パーティー型 気軽に参加できる
料金がその場で完結する
たくさんの方と一度に会える
意識レベルにバラつきが存在する
複数回出ると知った顔が参加している
人気が集中する
婚活アプリ型 料金が安い
本人確認が簡単
対象人数が多い
結婚目的ではない方も存在する
出会いの場は自分たちで設定する
個人情報を守り難い
データマッチング型 大手がサービスを提供している安心感
身元確認がしっかりとできている
送られたデータの中からお相手を選べる
人的なサポートが少ない
送られたデータにミスマッチが多い
成婚がゴールではない
仲人型 成婚がゴールだからそこまでしっかりとサポートがある
身元確認と結婚の意識の確認ができているので安心
地元にこだわった動きができる
1社あたりの会員数が少ない
成婚料が必要である
全会員データがいつでも見ることができるので目移りしてしまう

サービス検討時のチェックポイント

入会時に必要書類の提出はあるか?

必要書類はプロフィールに書かれていることの裏付けとしてとても重要です。ご面倒でも書類の提出を義務付けているところを選ばれた方が安心です。特に独身証明書は重要で、唯一独身が証明できる公的な書類です(戸籍謄本は個人情報の関係で今は預かってはいけない書類となっています)。

契約書と概要書面の説明はあったか?

契約書と概要書面は特定商取引法で手交が義務付けられている書面です。この説明がないところは安心できません。

担当のカウンセラーがいるのか?

担当のカウンセラーは個人差がありますが、第三者の意見を聞きたいときにはあった方が良いでしょう。ただ結婚は最後に結婚を決める決断が大切で、できたらそれを経験してきた(既婚者)カウンセラーが望ましいと言えます。

個人情報の管理は適切なのか?

個人情報の管理は現在データ化したプロフィールが最も安全と言えます。紙媒体でのやり取りは個人情報の管理に適切であるとはいえません。データベースでの活動がメインの活動をお勧めいたします。

入会時の費用が必要か?

入会時に掛かる費用はまさにピンキリ。高いところは30万円から無料というところまで各社に違いが見られます。ポイントは、入会時に費用が掛からないと(無料~1万円ほど)、結婚に向かう意識の低い方が入会しているリスクを伴います。安ければ良いというわけではないので良く考えた方が無難です。

月会費は必要か?

月会費も入会時費用と同様にピンキリです。高いところは2万円から無料までバラつきが見られます。ここでポイントは、無料というのは運営側の意識も会員様側の意識も低下を引き起こすリスクが非常に高いと言えます。一方、料金があることで早くご成婚に向かおうという意識が芽生えることも多いのです。

お見合料は必要か?

お見合料は高いところで1万円から無料まであります。これは成功報酬ですから考え方は相談所によって違いますが、これが高いとなかなかお見合いへ進みにくくなったりすることが現実としてあり、チャンスロスになることがあります。

交際開始時に費用が掛かってないか?

交際開始時(連絡先交換をする際)に費用が1万円ほど掛かるということを昔は聞いたことがあります。しかし今はほとんど聞くこともありませんし、必要のない費用に思えます。逆にその費用が必要な相談所は疑問視した方がいいでしょう。

成婚主義であるか?

成婚料は無料から30万円の間で設定されていることが多いです。成婚主義かどうかは、成婚料の設定があるのかないのかで測れますが、成婚までサポートがあるからこそ結婚に到達するご縁が多いのは間違えのないことです。交際に入ってからと言ってリリースしてサポートがないのでは、ご成婚に向かう可能性を損ねてしまいます。成婚主義であるかないかは、とても重要な判断基準です。

ペナルティー(罰則)の規定はあるのか?

ペナルティーの設定は大変重要な判断基準になります。これが無い活動はまさに無法地帯で、大変な危険を伴う可能性があります。お見合いのキャンセル、遅刻、ストーカー行為、個人情報の取り扱いなどなど、自分が被害者側になった時に不快な思いをしたくなければ、罰則規定の有無とその内容は確認した方がいいでしょう。

婚活の一歩はお気軽に60分無料相談

どんな場所でどんな人がどんなお相手候補を紹介できるのか、納得の60分
プライバシー確保と無理なセールスはしないことをお約束します

資料請求 来店予約